ありがちな失敗例

メニュー更新が難しい

メニュー更新は簡単です!と言われ簡単にメニュー更新が出来るツールが無いので更新作業は依頼する事に、1商品を入れ替えるだけでも1週間、都度作業費を払う羽目に。

季節メニュー等は紙メニューでの販促、ハンディーで注文を取る事に戻った。

注文操作がシステマチック

直感的な操作が可能!と言われ

デモ時に操作方法が難しいなと感じたら、利用されるお客様も同じように難しいなと感じます、
結果として操作方法が分からないとスタッフを呼ぶ事になりホール業務の効率ダウンになってしまいます。

促し機能が無い

存在すら知らなかった!
実装されていそうで、実装されていない「ご一緒にいかがですか?」と表示させる促し機能。
今まではスタッフのお声がけで出数が維持されていた商品も、促し機能が使えないと出数減につながります。

サブメニューの選択が出来ない

実際のオーダーテイクは聞かれもしなかった!

商品に紐づく重量や調理方法の選択やセット商品の選択が細かく出来ないと、スタッフが注文確認に行く羽目になります。

現状のオペレーションをシステムで再現できるのかは事前に確認しないと大変な事になります。

紙メニューの様な電子メニューって

紙メニューを読み込んで、タッチ領域を設定すれば簡単に電子メニューが出来る!と言われ
実際は1ページ毎にホームページを作る様な作業量なので社内での制作は困難、
商品を入れ替える都度、結構な制作費が発生してしまう羽目に。

商品画像以外の操作部分の変更が出来ない

フリーレイアウトなのでデザインは自由自在!と言われ
商品画像の箇所は当然、自由にデザイン出来るが、
操作タブの位置や、商品画像をはめ込む領域のデザイン変更、注文確認画面やタブ等の変更が出来ない。

中途半端な電子メニューになってしまった。

戦略的な電子メニューが作れない

商品画像をはめ込めばホール業務の効率化は実現!と言われ
用意されたシステムに商品画像を入れるだけの電子メニューでは出数のコントロールは出来ません。
タブレットの操作データと注文データを分析してペア率の高い商品の洗い出しや、滞在時間内の追加注文データ等、

効果測定の出来るシステムにしないと電子メニューの最適化は出来ません。

販促機能が無い

スクリーンセーバーが使えます!と言われ

無操作時にスクリーンセーバーが表示されるけど肝心な注文ボタンが付いていない。

販促効果を出すには時間設定での出現、注文ボタン、動画再生等、フレキシブルな機能が必要です。

⇒貴店のオペレーションを完全システム化!

導入後も安心 ❤

貴店のオーダーテイクに対応した機能を追加したり、表示方法を変えたり、丁寧にカスタマイズいたします。

タッチパネルの操作履歴と注文履歴を掛け合わせて趣向や傾向が分かるデータを抽出し商品配置に反映

データを元にしたメニューブックの最適化によるホール業務の効率化や販促強化の施策例

※メニュー制作や機能拡張時には都度費用がかかります。

アナログ・オペレーションのシステム化によるホール業務の効率化を促進する施策例

スタッフが呼ばれない施策や必要な機能を追加開発していきます。

※メニュー制作や機能拡張時には都度費用がかかります。

【 分 析 内 容 】

■初回注文の時間分析

スタッフによるケース※ごとのオーダーテイクの時間を計測します。

※注文内容のケースを想定し1人、2人、3人、4人の場合

■ページビュー

全てのページの訪問数を計測します。

■初回販促ページの注文率分析

初回販促ページからの出数を計測します。

■レコメンド商品の出数分析

レコメンドページからの出数を計測します。

■ペアリング分析(2点)

特定の商品2点に対する同時注文の出数を計測します。

■無料付与・トッピング等の出数分析

パクチー、たれ、少な目等のサービス項目をシステム化し出数を計測します。

【 対 策 内 容 】

◇お好み・苦手等の対応有・無

◇サービスの対応有・無

◇売りたい商品の販促企画

◇2択アンケート(あなたは肉派?魚派?等)

◇QRクーポン発行

◇初回時の性別・人数ボタン